短期間で胸を大きくする方法!TOP > バストアップの知識 > 産後・授乳後は?

産後・授乳後に胸が小さくなる理由とは?


短期間で胸を大きくするには?産後・授乳後

産後・授乳後って胸が小さくなります。

これは、子供を出産された経験がある方なら分かると思います。

妊娠中の時は、胸が大きかったのに・・・。

なんで授乳後ってあんなにも胸が小さくなってしまうのか?

女性としては、もう一度、ハリのある胸を取り戻したいですよね。

そこで、ここでは・・・

  • 産後・授乳後に胸が小さくなった理由について!

  • 短期間で胸を大きくするにはどうすればいいか?

  • 夜泣き対策が大事な理由について!


これらについて解説しています。

産後、胸が小さくなってしまった方は、参考にしてみてください。


産後・授乳後に胸が小さくなった理由について!


産後・授乳後に胸が小さくなったのはなぜか?

簡単に説明すれば、赤ちゃんに栄養を与えるためですよね。

具体的な理由としては・・・

・女性ホルモン「プロラクチン」が分泌されなくなった
・胸の周りの脂肪が減少するため
・クーパー靭帯が伸びたため


これらが挙げられます。


女性ホルモン「プロラクチン」が分泌されなくなった


先ず、妊娠中は、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。

エストロゲンは、乳腺を発達させて、妊娠すると胸は大きくなります。

ですが・・・

産後はエストロゲンの分泌が減ります。

そして、母乳を出すためには、

女性ホルモンのプロラクチンの分泌量が増えます。

ところが・・・

授乳後は、プロラクチンが

分泌されなくなってしまう。

そのため、胸が小さくなると言うわけです。


胸の周りの脂肪が減少するため


授乳後に胸が小さくなる理由には、

胸の周りの脂肪が減少するのも挙げられます。

妊娠・授乳中は、乳腺を守ろうとしますので、

周りに脂肪がついて胸が大きくなっています。

ですが・・・

授乳後はその役目が終わります。

なので、胸がしぼんでしまうと言うわけです。


クーパー靭帯が伸びたため


産後・授乳後に胸が小さくなる理由には、

クーパー靭帯も大きく関係しています。

胸を支える重要な役割をするクーパー靭帯。

これが伸び切ってしまうんですね。

その結果、胸は垂れてしまうというわけなんですね。

・・・・

このような理由で胸が小さくしぼんでしまいます。

そのまま放置すると、さらにしぼんでしまう可能性があります。

ですので、何かしら対策をしないといけません。


もう一度、胸を大きくするにはどうすればいいか?


産後・授乳後に小さくなった胸を大きくするにはどうすればいいか?

基本的には、普通のバストアップを行えば問題ありません。

具体的な方法としては・・・

・筋トレ
・マッサージ
・自分に合うブラジャー
・食事の見直し


これらを行いましょう。


筋トレを行う


胸がしぼんで垂れたのであれば、大胸筋を鍛えることが重要!

筋トレとしては・・・

腕立て伏せ・拝みのポーズなど。

これら方法で大胸筋を鍛えるといいと思います。


マッサージ


バストアップのためには、リンパマッサージがお勧めです。

マッサージクリームなどを使い、入念に行いましょう。

お風呂上りに必ず行うように習慣にすると続けやすいです。


自分に合うブラジャーをつけること!


産後・授乳後の胸は小さくしぼみます。

大きいブラを付けていると、さらにしぼむ可能性が・・・。

なので、必ず、自分に合う物を装着してください。

また、寝る時は、ナイトブラなども使うといいでしょう。




食事について!


食事では、大豆イソフラボンを摂り入れましょう。

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしますからね。

※納豆や豆腐、味噌や豆乳など。


また、キャベツには、ボロンという成分があります。

これはエストロゲン分泌を高める働きがある成分です。

なので、なるべく摂取したいところですね。

・・・

その他にも、

肉や魚、野菜などをバランスよく食べるようにしましょう。

様々な食材を摂取して、食べ過ぎに注意してください。


夜泣き対策が大事な理由について!


胸を復活させたいなら、夜泣き対策も考えましょう。

夜泣き対策とバストアップってどんな関係があるのか?

ちょっと疑問かもしれませんね。

実は、これにはちゃんとした理由があります。

赤ちゃんの夜泣きで起こされるとどうなるか?

これは、睡眠不足になることがあるんですね。

睡眠中ってホルモンバランスを整え、

女性ホルモンを増やす貴重な時間!!


赤ちゃんの夜泣きで、寝れないこともありますよね。

最悪、うつになる人もいるので注意しないといけません。

では、夜泣き対策ってどうすればいいのか?

とりあず2〜3分何もしないで見守るのもいいと思います。

それで泣き止めばいいですが、ダメな場合もありますよね。

そんな時は・・・

・抱っこする
・ミルクを与える
・音で気をそらす


このような対策があります。

睡眠不足にならないためにも自分で色々と試してみましょう。